fc2ブログ
もらったものにもそれなりの敬意を
2021 / 01 / 16 ( Sat )

知人の一人に、他人からのもらい物を、ことさらにその価値を貶めて扱おうとする人がいて・・・。


もらったらこっちの物だから、どう扱おうとこっちの勝手、というのは分かるけど、それをわざわざ口に出すというのは嫌がらせかと思ってしまいます。


随分前のことでしたが、和服で洋服を作りたいけど、その和服がないというから、姉の絣の着物で洗い張りに出して、反物状態にしてあったのがしまってあったので、差し上げました。


でも、何年経っても洋服にする気配はなく、

時々、暖簾にしてもいいしだの、小物を作ってもいいしだのと言うようになりました。


要するに、その知人は、ある程度の洋裁の腕はあるけど、反物で洋服を作る型紙が作れないみたいでした。

なので、さりげなく、作り方を口頭で説明してみたけど、分かろうとしないからダメ。


そして、私があげた絣の反物は、暖簾だの座布団だのクッションだのにすると言いだして、それもする気配なく、とうとう、端切れがたくさん溜まっていて邪魔だと言いだしました。


そこまで、10年はかかっています。


繰り返し言われる端切れの生地が邪魔だという言葉に、私は、だったら、あの反物は返してくれていいから、と。

そういうと、使うの? と聞いて来るから、いや、私には使う予定はないけど、何度も端切れやら生地が邪魔だと聞かされているので、それならば、返してもらっていいし、と思っているだけだと伝えること数度。


実は、着物を洗い張りした反物は二本上げていたのですが、もう一本も何をするでもなく、余されていました。


そして、数年前、また、同じことを言ったときに、だったら、返してもらっていいかなあ、あの生地はそこそこ良い物だったので、捨てられても嫌だし、と言ってしまいました。


そしたら、さすがに返して来ましたが、絣だけで、もう一本はどれだか分からないと言って、返してはくれませんでした。


また、返って来た絣は保存は悪かったようで、差し上げたときとは全く違う状態になっていて・・・;;;



で、何かにつけて、他人からもらった物をことさらにぞんざいに扱って、相手に、嫌がらせのようなことをするこの知人に、他人からもらったものはそれなりの敬意を払って扱うものだということを分かってほしいと思い、どうやって伝えようかと考えたのです。


そんなときに、この知人のお母さんが塗ったというクリスマスリースの塗り絵を、お母さんが私に渡してほしいと言ったそうで、持って来ました。


私は、丁度空いていたグリーンの縁取りの額に入れて、リビングの壁に掛けました。


知人は、ほっとしたような様子で、よかった~・・・と言っていましたが、その後、何度もうちに来ているけど、そこにまだお母さんのクリスマスリースの塗り絵が掛かっているのには気がつかないのでした。


それから、5年くらいは経ったでしょうか。

この間、うちに来たときに、まだ、その壁にお母さんの塗り絵がそのままに飾ってあるのに気が付いて、


まだ、飾っておいてくれたんだ・・・と何かを感じたようでした。


分かったか、コノヤロー、他人からもらったものはそれなりの敬意を払って扱うものなんだよッ!


とは私の内なる叫び^^


この人には、育つ過程でそういうことまでは学ぶチャンスがなかっただけなのだけれど、

学び足りないものがあるということを意識したことがないから、

本を読んでも、テレビドラマを観ても、そこから拾う知識や文化があることに気がつかないみたいです。



ある程度の年齢になると、誰も指摘しないし、教えてもくれないから、知るチャンスがなくなります。


そのことを頭の片隅においておかないと、裸の王様になる可能性はありますね。



ところで、そのクリスマスリースの塗り絵、いつまで飾っておくのかが問題なのですが、塗ったお母さんが今年の4月末で100歳です。


そろそろ寿命かもしれないので、亡くなって一年経ったら、外そうと思っています。






スポンサーサイト



18 : 50 : 00 | 日常のよしなしごと | コメント(0) | page top
<<お客はキツネさん、だと思う | ホーム | たこ焼き攻撃!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |