fc2ブログ
カマツバメ(アマツバメ)の幼鳥かな
2023 / 08 / 29 ( Tue )
kamatubame6.jpg

このところ、夕方になると、うるそうございます! 笑

一生、地面には下りない鳥だから、上でいくら騒いでも、どってこたあないんだけど、

カラスよりもうるさいのです;;

しかも、きかんぼ!

土の鳥も追っ払いますね。

写真のは小型だから、子供ですね。

例年なら南へと行く頃だけど、今年は暑いから、まだまだ、いるんでしょう。

去年は涼しかったこともあって、数羽もいたかどうかで、9月頃にはいなくなったけど、
一昨年は、最後にいなくなったのが10月の初め頃だったような気がします。

今年は、11月頃までいるのかも~💦


10月頃に、暑さが戻って来るという予報が出ていて、
日本中、唐辛子状態の天気が出ていかから;;;










スポンサーサイト



18 : 54 : 09 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
虫たちもまったり
2023 / 08 / 21 ( Mon )
tonbo1.jpg
新聞受けから出した新聞を門柱の上において、
忘れて、家に入り、
あ、忘れた! と取りに戻ったら、
ドンボが休憩中!


akinomusi1.jpg

この虫は、今頃になるとたくさん出て来るけど、
今年は、暑いままだから、葉の裏で涼んでる^^







16 : 23 : 33 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
FC2トラックバックテーマ 第2275回「青春を思い出す場所は?」
2023 / 08 / 16 ( Wed )
FC2トラックバックテーマ 第2275回「青春を思い出す場所は?」

青春真っ只中って、それが青春だという感覚がなくて、
ほんと、歌じゃないけど、後になって、あれは青春だったんだな、って思うんですよ。

なので、どこの場所に行けば青春だったと思うことはないけど、

空気の匂い、何気ない自然の匂いの中に、そういえば、青春とも意識せずに、
この匂いの中にいたよね、って思うことはあります。


そういうのは、一人でいる時に感じることが多くて、誰かと一緒だと、その人の年齢とか何かに影響されて、どうしても、‶今” になってしまうから、

一人の時を大事にしています。





15 : 27 : 13 | トラックバック | コメント(2) | page top
齧ったのはダレ!?
2023 / 08 / 16 ( Wed )

R0017791.jpg

このところ、茗荷が毎日大きなのが採れるのですが、

既に、誰かが齧ったようなのが;

昼間は、茗荷が出ているところには虫がいないので、
暗いうちに齧った奴がいるってことです。


となると、多分・・・コガネムシ;

茗荷って、虫が嫌う野菜だと思っていたけど、
コガネムシのお口には合うんですね;;;ヤレヤレ;





00 : 37 : 11 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
石も磨けばこうなる!?
2023 / 08 / 14 ( Mon )

2023年08月14日 00:00

断面を徹底的に磨かれたロシアの隕石が…鏡のようにピカピカに

隕石を鏡面仕上げ
地球に飛来する隕石は、3種類に大別されます。
金属を主成分とする「鉄隕石」、岩石を主成分とする「石質隕石」、両方が混じっている「石鉄隕石」。

ごつごつした見た目の隕石も、主成分が金属であれば磨くとピカピカになるのだとか。

鏡面仕上げになったロシアのチンガ隕石をご覧ください。

手の平がばっちり写るほどの鏡面仕上げ!

ごつごつした部分とのコントラストが凄まじい。

773gのチンガ隕石で、名前の由来はトゥヴァのチンガ川近くで1913年に発見されたため。

分類は鉄隕石で、鉄82.8%、ニッケル16.6%、残りの大部分はコバルトとリン。

隕石によってはこんなに金属比率が高いのですね。



見事に磨いたこと!


鉄が多いから、これが出来たのかな?





10 : 06 : 00 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
先を急ぐので!
2023 / 08 / 10 ( Thu )
R0017778.jpg
突然、現れて
R0017779.jpg
結構、暑いのに、石の塀の上を大急ぎで、
R0017780.jpg
ヒバやなにやらの植物の中へと!


塀の外側から、内側の植物たちの様子を観ていたら、
突如、目の前にこの子が登場!

この辺には、アゲハの餌になる草も木もないんだけど、
どこかでそろっと大きくなったのでしょう!


この子が向かっていた先には、
ミカンの木と山椒があるので、そっちに行きたいのかな?

でも、この模様の幼虫は、ミツバを餌にして育つんだけど、
ミツバは庭の外れで、ここから5m位先。




蛹になる場所を探しているような気がしたんだけど。。。

ヒバの中に消えたような。










19 : 19 : 00 | 日常のよしなしごと | コメント(4) | page top
ワラジムシ、イリドウィルスに感染
2023 / 08 / 08 ( Tue )
R0017769.jpg

雨が止んだので、畑に茗荷を採りに行ったら、コバルトカラーのワラジムシ発見!

渡り鳥が運ぶイリドウィルスに感染するとこの色になるそうで、体が上下でブルーと黒に分れているのもいました。

人間にもなんの影響もないそうだし、ワラジムシにも色が違うだけで何も影響はないようですが、
目立つから、鳥の餌になりやすいとか。


そのせいか、逃げ足は物凄く速かったです!



本州では、ダンゴムシがこの色になるそうで、ネットを見ると、わざわざ飾り物までできていて、売っているみたいですね;物好きな・・・






命がいつまでか・・・と言っているコロくんは、昨日から散歩に歩いていて、今日、散歩中のコロくんに会いました。
ローストビーフを食べたそうで、もっとくれ、と言ったそうです。
ドッグフードは食べないそうですが。
いわゆる、中治り、という状態ではないかと。

極度に悪くなった後に、それが嘘のように良い状態が来ることをそういうのですが、
人間でもあるし、動物でもあって。

大体、数か月は生きますね。

コロくんの場合は、薬を飲ませてみて、胆管の細くなっているところが広がればいいのではないかと思うのですが、どうも、その辺の理屈が飼い主さんには分からないようです。
クスリを飲ませていないと言っていました。


残念かなと思いますが。




20 : 55 : 00 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
FC2トラックバックテーマ 第2274回「付き合うなら、誰にでも優しい人?自分だけに優しい人?」
2023 / 08 / 08 ( Tue )
FC2トラックバックテーマ 第2274回「付き合うなら、誰にでも優しい人?自分だけに優しい人?」

普通に親切しただけでも勘違いする人がいるから、そこは、要注意なんです。


これは、男女ともにあると思うけど、

もし、知り合いになるくらいならいいよ、みたいな気持ちの場合は、女性は相手の男性に必要以上の期待をさせる場合があるので、用心を。







03 : 55 : 55 | トラックバック | コメント(2) | page top
縁石の草刈終了!
2023 / 08 / 05 ( Sat )
私の家の北側にちょっとした林があるんだけど、縁石もあって、笹、ススキ、セイダダアワダチソウ、ヨモギ、ブタクサ(キクイモ)などが繫るんです;

持ち主は、とある公共団体。

草刈りには来ないから、林と向かい合う家が、気が向けば草刈り;

みなさんは春にやっていたけど、私、忙しかったので、今になって;;

草が繁って、いいだけ育っているから、やり方としては良くないけど、お盆も近いことだし、今、きれいにするのがベスト? 

みなさん、暑いから草刈りには出て来ませんが、私は早朝の涼しい時間に始めッ!

幅1m弱、長さ2mくらいを一回分としてやって、暑くなる午前6時頃には退散^^

草刈りの道具は、剪定ばさみです。

これだと、草から50cm離れた場所から刈ることができるのでいいのです!

早朝だから、ダニはまだ起き出していないと思うけれど、今年は暑いのでその辺を用心して、草からはなるべく離れて刈りたい^^


というやりかたで、1週間くらいもやったかしらん。

私の担当地域は今日で完了! 笑


立ったりしゃがんだり、やり投げの要領で切った笹を遠くに投げ飛ばしたり、普段しない動きをして、汗をかき、結構気持ちが良かったです^^


明日からすることがないけど・・・散歩でもちんたら?

今日と明日は大雨予報;;;

家の中で何する?




そういえば、具合の悪い犬のコロくんは、水をスポイトで飲ませてもらっているけど、食べられない状態で・・・その知らせも気になっています。





14 : 31 : 00 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
FC2トラックバックテーマ 第2273回「水着はビキニ派?ワンピース派?」
2023 / 08 / 04 ( Fri )
C2トラックバックテーマ 第2273回「水着はビキニ派?ワンピース派?」

22aa2de5133ed840cb5ee71b86f0924a_w.jpeg

ビキニ?ワンピ?

珍しく、夜も温度が下がらない;;

df50b2ccadee95470d8a688b1cafcd56_w.jpeg


04 : 54 : 00 | トラックバック | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>