FC2ブログ
キアゲハの幼虫は・・・ダメだったような
2019 / 06 / 30 ( Sun )
キアゲハは、今日は20度くらいはあるけど、昨日がとにかく寒くて、危ないかもしれないと思っていました。

今日、見に行ってみたら、いません。
山椒の葉を食べた形跡もなく・・・;

ダメだったのでしょう。

今週1週間は曇りで、気温は20度前後で推移しそうです。
次に期待してみますが、この時期ですから、どうかなあ・・・。


西日本の雨は大変みたいですけど、洪水やがけ崩れが心配な地域のみなさんは、避難するということを心において用心してほしいです。
動物を飼っている場合は、それを連れて避難することを考えて早目に行動を。


そこそこの雨はありがたいけど、底抜けの雨はいらないですよね!!!




スポンサーサイト



17 : 30 : 05 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
寒くていいことも
2019 / 06 / 29 ( Sat )
今日は、本気で寒くて、ほぼ一日中、ストーブを点けていて、
17度あるかなしかです。


でも、お陰で、どこからともなく漂って来ていた堆肥の匂いがしないのです^^
この辺で、堆肥を撒く畑ってどこだろう・・・って思うんだけど分かりません;;
すっごい匂いなんですよねえ;;;


強風なのも幸いして、あっという間に、匂いがぶっ飛んで行っちまうのでしょう^^


だけど、あの堆肥、匂いからすると、まだ、生っぽいような気がします。

てことは?
ホームセンターなどから買ったのではなくて、牧場で作った堆肥ですか?
いやん、もぉ~次は銀蠅の心配せにゃあならんでしょう!


勘弁して~~~~!!!












18 : 52 : 07 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
『文殊菩薩』福島6号機から白煙
2019 / 06 / 28 ( Fri )

『文殊菩薩』福島6号機から白煙



だから、何ができる、私たちに・・・ということがあるけど、
一応、心の片隅に置いて・・・。


それでも、原発はなくならないこの現実。
絶対安全に運転するからさ、というけど、それはないんだよ。


と思う私。



https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=203578


「フクイチ」 で検索すると、いくつか出てきます。






03 : 22 : 21 | トラックバック | コメント(2) | page top
山椒にアゲハの幼虫一匹
2019 / 06 / 27 ( Thu )
ニオイヒバの剪定に、職人さんが今日が都合がいいというので、やってもらいました。
勝手に剪定やってくださいな、というわけには行かないのが剪定を頼むときの面倒くささ。
付いていて、このくらい切ってもいいかとか、あれはどうしたらいい、これはどうするなど、指示がほしいらしいのです。
私としては、どうでもいいから、高さをこのくらいに、ギリギリまで刈り込みOKでやってくれたらいいんだけど、引き受ける方はそうは行かないのでしょう。
やる側になったら、分かる分かる。

というわけで、午前中、4時間、しっかり外で見張りをしました((´∀`))ケケケ
最初は大して暑くなかったけれど、9時頃から太陽カンカン;;

会社の仕事はどうなる、大丈夫、昨日のうちにやることはやってあるから問題なし。
電話にしっかりお仕事させているし。


最近、こんな長い時間、炎天下にいたことがないので、さすがにきつかったです。
途中で、植木屋さんに水分補給をしてもらうことも忘れずに、私も水分補給。


ただ、ぼーっと見ているわけにも行かないから、うちのジャングルを見回ってみたら、山椒の木に、アゲハの1cmくらいの幼虫がいました。
去年から数が少なくなって、今年もまだ一匹です。
一匹なら、山椒の葉は十分間に合うでしょう。

写真を撮ったのですが、幼虫が小さいのと、山椒の込み入ったところにいたので、ただの黒いゴミ。
もう少し大きくなったら、写して来ます。



それにしても、ニオイヒバって、結構、気難しい木なんですね。
やたらと広がるし、上にも伸びるけど、枝の先に葉が一枚もついていなければ、二度と葉はでないそうです。

普通のヒバは、幹からいくらでも新しい芽が出て、やたらと繁ります。
私、その普通のヒバの枝をすいてやるのに、毎年、悪戦苦闘しているのですが、そんな私の労苦をあざ笑うかのように、黄緑色に輝く新芽が育って、

うっふん、きれいでしょ?


みたいな。


ゴミ袋がいくつあっても足りません。




17 : 02 : 06 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
このコの子じゃないかと・・・
2019 / 06 / 26 ( Wed )

どんどん、茶色のところが増えてきて。
枯れているんじゃないみたいで、糸で何かが下がっていたり;

そして、ちょっと向こうに蛾がいるよ;




IMG_1942.jpg
拡大して写したら、これ;


曇っていたのと花の下なので、羽の模様が分からない;;;




昨夜は寝ずらくて、目がパッキリクッキリして、寝たと思うとすぐに目が覚めてを繰り返して朝を迎えました。
私、気温が高い前の晩は、大体、こんな感じなのです。

それで、5時ころに家の周りを偵察。
でも、思ったよりも、朝は寒くて、キツネもリスも出てきませんでした;;;
太陽が出ていたら、キツネくらいはうろうろしているんですけど。



あったのは、ポイ捨てされた酒の空き缶。IMG_1928.jpg
今まではうちの塀にぶつけるように捨てられていたけど、最近は、袋に入れて捨ててる。
ちょっとは、マシになったか、いや、缶が350ccから500ccになったし、そもそもポイ捨てはダメよ;

歩きで飲んでるのならいいけど、飲酒運転じゃないよね、と近所の人と話しているところです。



15 : 09 : 18 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
あなたの県人愛は?
2019 / 06 / 25 ( Tue )
県人度判定


私の場合、北海道でやってみたら、
かなり昔の人が使っていた言葉が多くて、
今時、誰がそんな言葉を使っているかな・・・と。


15 : 08 : 36 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
満開なのはいいけど、そろそろ・・・
2019 / 06 / 24 ( Mon )
<IMG_1912.jpg
ハシドイが、今日の暑さで満開になりました、けど虫が付き始めた気配がします。

右のほうに、花の根本がかすかに茶色になっているところがあります。
食ってるよ、誰だか知らないけれど;


そうそう、ハシドイという名前ですが、〝端集い”が変化して、ハシドイになったのではないかというのを読みました。
花が、枝の先につくことから、端集い、わっかりやす過ぎて、考えもしなかったわ。




18 : 34 : 42 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
FC2トラックバックテーマ 第2059回「朝ごはんの定番は?」
2019 / 06 / 24 ( Mon )

FC2トラックバックテーマ 第2059回「朝ごはんの定番は?」




ごはんとみそ汁のほかは、その日によって違います。


朝がごはんなのは、仏壇にお供えする関係から、パンにはならないのです。


ごはんだけど、海苔で巻いたおにぎりが食べたいと思うことがあって、おにぎりとみそ汁、お漬物、前の日に野菜の煮物などを作っておいてあることが多いから、それなどを食べます。


生野菜サラダはあまり食べないかな。
私、生野菜のアクが舌にピリピリ来ることがあるので、野菜はなるべく、火を通すことにしています。



18 : 23 : 22 | トラックバック | コメント(0) | page top
水をたっぷり吸ったいちごは・・・
2019 / 06 / 23 ( Sun )
IMG_1904.jpg

太陽が当たって赤くなったのではなくて、日数で赤くなったいちご💦

しかも、雨ばっかりだったから、たっぷり水を吸いました。
ホハ~ッとした味で、水っぽいだけです。

日照りの中で味がつくと、やはり甘いですね。
そういうのが、南側の庭で数個採れたので、来年は、プランターに植え替えて、南側に置こうと思います。

まだまだ、東側の畑には実が生っているのですが、カラスも突っつきませんね((´∀`))ケラケラ




18 : 43 : 39 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
ずっと雨☂
2019 / 06 / 22 ( Sat )
午前中は、🌦で、


時々、バリバリバリというかなり近い雷鳴に、近くに落ちるのかと首をすくめたけれど、
バッシャーン!という音がしなかったので、ホッ^^


この辺は高い木もあれば、無線の鉄塔が向かいにあるし、と他にばかり目を向けていたら、
私の家にも、高い木があって、来週、剪定することになっているから、
そこには落ちないで、と祈るばかり。


雨はシトシトだけど、一日中降っています。
これで、水不足は解消できるかもしれません。


作物というほどじゃないけど、植え替えたアイスプラントとトマティーヨが元気になりました。
雨が降ると、途端に伸び始めるんですよね。
水道水だと、土深くまで浸透しないのか、はたまた、ミネラル分がすくないのか、枯れない程度なんです。



しかし・・・今日は夏至ですよ;

なんだかなあ~・・・😞






14 : 59 : 44 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>