fc2ブログ
春に何を植えようか
2019 / 02 / 18 ( Mon )
こちらだったら、まだ、雪が山盛りだから、ガーデニングなんて先の話なんだけど、タネで植えるつもりなら、今のうちに買わないとなくなります。

トマティーヨとアイスプラントを注文しました。

トマティーヨは、食用ほおずきとして売っている場合がありますが、
いわゆる、食用ほおずきよりは大きく、トマトの形をしていて、
味は、チョイ甘で爽やかな酸味があったような気がします。
本当は、大きく育った苗を買って植えたいところだけど、
去年、かなり売れ残っていたから、今年は、仕入れないような気がします。
なので、自前で苗を育てようかと。
室内の期間が長いから、ヒョロヒョロになる可能性があり、
そこを、うまく乗り切らなくてはなりませんね。

アイスプラントは、以前にも、育てたことがあるのですが、外に出す段階で失敗しました。
路地植えで育つようなのですが、畑の条件が合っていないと失敗します。
シャキシャキしていて、生でも茹でても美味しいです。
なにしろ、透明の玉をたくさん結ぶのがきれいで、好きなんです^^


16 : 40 : 15 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
前門の狼後門の虎
2019 / 02 / 17 ( Sun )
誰にも会いたくないから、お昼の時間を選んで、買い物に出ました。

ところが、
右の道路を行こうとしたら、昨日も会ったご近所さんが、雪かきをしています。
挨拶だけで通り過ぎ、られればいいけど、話しかけられたら鬱陶しいかなと思い、
左の道を行こうとしたら、私に絡んで元気を出しているという、これまた、鬱陶しいオッサンが雪かき中。

だったら、もう一本の道を行くしかないかと思ったけど、そっちは遠回り。

もぉ~、お昼時間なんだから、さっさと家に入って、ランチにしてよ、と思いながら、遠回りの道を選びました。


今日なんて、暖かくて、雪が解けていたのに、何を好き好んで、オッサンたち、雪かきをするのかと思うけど、
せっせと、家の周りの雪を、うちの隣りの林に捨てに来ます。

毎日の習慣は、急には変えられないんですかね。

定年になったご主人たち、することがなくて、冬は毎日雪かき、夏は植木の剪定。
植木たち、坊主になりはしないかと心配になるけど、強い剪定にもめげない庭木で、モクモクと伸びています。


人の寿命が延びた今、オッサン方、そんな風にこの先何十年も過ごすのかと思うと、庭木に、頑張って、いっぱい、繁ってやってね、
と思わず、心の中で、言ってしまいましたヾ(≧▽≦)ノ゙バンバン☆











22 : 59 : 06 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
用件、ちゃんと言ってるよ
2019 / 02 / 16 ( Sat )
昨日、偶然、大手の下請けみたいな携帯会社の店の前を通ったので、寄ってみました。

分かりにくい場所のせいか、通りすがりで寄る人はいなくて、完璧に用事のある人だけが寄る店。

店員が一人で、カウンターで説明を聞いている客が一人と、中でブラブラしている客が一人。
私は、ちょっとだけよ・・・と中に入ったら、これで、待ち客が二人と思ったのか、客の相手をしていた店員が、
私の前に待っていた客に、どんな用件なのか、先に聞いておきます、とメモ用紙を出して迫りました。

体格のよい店員だったから、うわっ、迫ってる!と感じたのですが、
客の用件が他の人に聞こえないように、かなりそばまで行ったのかもしれません。


客は、すでに、そこの携帯を使っていて、料金のことだけど、と携帯をだしながら言いました。


そしたら、店員にそれが聞こえなかったとは思えないけど、無視するかのように、
用件だけを先に聞いておいたら、早く処理できるので
と。
だから、客は、料金のことだと言ってるだろが、と私は思いましたが、
客もそう思ったようで、料金・・・と言いだしたら、また、店員は、用件だけを・・・と繰り返すのでした。


なんだこのやりとり、気の毒なのは、用件を聞かれている客で、困惑しているのが私にも伝わってきましたよ。

これ、最後まで聞きたかったけれど、私は、この会社も候補の一つにしているだけなので、
そんな軽い用事だと、こういう店では嫌がられます。
それで、そこまでで帰ってきましたが、これじゃあ買えません、とは思いました。



05 : 19 : 56 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
大手の携帯電話だって
2019 / 02 / 14 ( Thu )
いよいよ、私、携帯電話をどうするのか、考える時が来ました。
ほとんど使わないから、どの会社のでもつながると思っていたら、大手の一社が繋がりにくいんだそうです。
それ、私が使っているのだ;;

同じ会社のを使っているお向かいさんが、会社の担当に来てもらって、家の中のどこで電波を拾えるかを探しても、滅多にその場所が見つからなかったとか。
それで、お向かいさんは、別の会社に切り替えたそうです。

そういわれてみると、私も、今の機種にしてすぐの頃、繋がりにくかったのです。
電波を探して、家の中をうろうろしました。
その前の携帯電話は、同じ会社なのに、支障なかったんですが。

格安スマホを使っている人は、繋がるっていうから、そっちにしようかとも。
端末を買い取れば、しばりがないかというとそうではないし、このしばりが嫌です。

いつでも自由に、契約・解約ができるシステムにならないものですかしら。





17 : 53 : 33 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
暖かくなる気配かな
2019 / 02 / 13 ( Wed )
今日も最高気温は-3度くらいなのですが、ボイラーのお湯の温度が、昨日よりも熱いんです。
ボイラーだから、温度を指定していれば、同じ温度のお湯が出るはずで、熱いって、なに!?
と思うのですが、熱いから、温度を相当下げてみました。
それでも、熱いのは、あれ、壊れた?

水温む春の気配だったらいいんですが^^

いつもなら、2月に、とてつもなく暖かい日があって、ストーブを消しても暑いなんてことがあるんです。
そういう時は、クジャク蝶々が孵るんです。
どこかに蛹でぶら下がっていて、暖かさに間違って孵っちゃうんでしょう。
すぐに、寒くなるから、可哀想ですが、外だと捕まえられなくて;

それから、蜘蛛の子供と、ワラジムシが出たら、春がすぐそこまで来ている証拠ですが、
蝶々はともかく、蜘蛛とワラジムシは・・・ね;;


明日はまだ、雪がわんさか降るって予報だけど、明後日は暖かいそうだから、蜘蛛の子供くらいは出るかもしれません。
いらないけど!!



18 : 49 : 01 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
第2040回「周りからどんな人だと言われますか?」
2019 / 02 / 12 ( Tue )
大雑把で、何を言っても大丈夫だと思う人もいれば、困ったときに頼ればいいと思っている人もいるらしいです。

私は、法律に触らない限り、自分の生き方で物事を進める質ですが、それをいい加減と思われるのはちょっと・・・と思うけど、固い考えの人には、私の生き方は理解できないし、受け付けないらしいです。


困ったときになんとかなるのは、私が、それこそ、自分の生き方で生きてきたから、いざとなったら、経験と知恵で乗り切れるからですかね。
それは、結婚生活には、かなりの支障で、夫に従うというのが・・・ネ;
今は一人だから、そういう摩擦がなくて問題なしですが。


人間て、社会的評価と自己評価はかなりの開きがあるものですが、私の場合、その辺、どうかなあ・・・。
考えるほどの評価でもないわ(o_ _)ノ彡☆ポムポン‼




こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の栄です今日のテーマは「周りからどんな人だと言われますか?」ですあなた自身が思っている自分の性格やパーソナリティと、ほかの人から言われるあなたの印象が異なっていることってありませんか「ジョハリの窓」という概念がありますがほかの人から言われて初めて気が付くこともたくさんありますよねあなたが知らない素敵なあなたを発見できるチャーンス!あなたは周りからどんな人だと...
第2040回「周りからどんな人だと言われますか?」

17 : 48 : 56 | 日常のよしなしごと | コメント(0) | page top
もう少しの辛抱と激励する
2019 / 02 / 12 ( Tue )

[広告 ] VPS


昨日は晴れたけど、また、吹雪き復活です。
この勢いで、1時間も降ると、20cm位も積もります。
金曜日には寒気が去るというから、今日明日明後日と3日間頑張れば・・・と思っている今日ですが、

私は、先を見越して、最低限度の除雪でここまで来たけど、ご近所さんたちは、最高レベルの除雪をしてきたから、
バテバテらしいんです。

うちの隣りの林に雪を捨てに来るオッチャンが、私の姿を見れば、

後ろから見たら、スッゴク若いわ! 

とか言って、ケラケラ笑いながら、通り過ぎます爻((╬ಠิ益ಠิ))

前から見たら、どーなのッ! 

と私も負けずに返しますが、こっちも疲れているから、心の中では、ウルセ~黙って行っちまえ! です。


毎日、雪かきがあるから、毎日会う始末で、毎日、こんなやり取りをしているのも嫌になったので、


さあ、憎まれ口を利くのもそろそろやめようか、
オッチャン(実際は苗字を言って)は、若いし、素敵で、可愛いよ、と言ってやったら、
まんざらでもない顔で、ありがとう、どもども、いやあ、雪かきでへたばりそうで、串団子さんをからかって元気をもらわないと続かないんだわ、
だと!

オイオイ!!!

そして、あとどれくらいガンバレば暖かくなるんだ?というので、
2日間だから、さあ、頑張ろうね、と追い返しました。


もうね、私は、このオッチャンを叱咤激励して働かせるパワースポットか?

と思っちゃいました。

一回の雪捨てに、往復で100m歩かなきゃならないから、私の何倍も疲れるでしょう。
年も年だし。

家の周りの雪も全部どけて、きれいにするから、そういうことになるわけで、
その奥さんに言わせると、ほとんど燃料を食わない融雪層を設置してあるんだから、それを使えばいいのに、わざわざ捨てに行って、疲れた・・・と言っているって。

あんまりにも疲れると、雪捨て場の使い方で、諍いが起きることがあるから、色んな意味で、疲れすぎないことが大事なんですよ。











12 : 12 : 17 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
掘り出す!
2019 / 02 / 11 ( Mon )


今日も、好い天気なので、窓とベランダのところの雪をどけました。

ガラスに雪がつくと、外が冷える、中が暖かいで、ヒビが入ります。
それで、毎年、窓とベランダの回りは、雪をよけるのですが、
今年は、突然の大雪、それも毎日で、除雪の手が回らなくて、やっと今日よけたというわけです。

昨日雪下ろしをした物置の前の雪もどけて、戸が雪で押されないないようにしました。
大抵は、戸が太陽で温まって、雪が解けて、戸が曲がることはないのですが、あてにはならないので、一応、どけておきました。
お漬物を物置に置くときは、ちゃんと、雪をどけているのですが、今年は、漬けていないので、雪の積もるに任せっぱなしで;


来週あたりから、しばらくは暖かいそうで、雪が解ける予報です。

もう、雪はいらないです!!!


15 : 09 : 36 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
物置の屋根の雪も始末
2019 / 02 / 10 ( Sun )
IMG_0826.jpg

これは、ご近所の物置だけど、よく見れば、うちのは、もっと凄かったのです;
雪の重さは、締まった雪だと250~500kgだというけど、もっと締まった雪だともっと重いわけで、多分、物置の屋根の面積で考えたら、1トンは超えていたかと思います。

ここ3年くらいは、物置の屋根の雪は放ったらかしで問題なかったのですが、このところの雪の降り具合が激しく、
しかも、水分があるからヤバイかも・・・と見に行ったら、

ワオッ!! 

写真の雪は、脇にせり出しているだけで、垂れさがってはいないでしょう?
うちのは、1m位も積もり、しかも、両側に厚さと長さが50cm位で垂れ下がって屋根の雪を引っ張ってる;;

写真を撮りたかったけれど、庭の雪が凄くて、全体を写す場所がない;;

スコップとジョンバというプラスチックの雪を始末する道具で、下ろしましたが、雪が積もったなりに層になっていて、層ごとに、カパカパと剥がれました。
そんなこと、初めてです。

物置の屋根って、大人が100人乗っても大丈夫、なんてCMがあるんですが、
男性が100人って、体重を何キロで計算している?
60kg?
それが本当なら、うちの屋根はまだ大丈夫だったかもしれないけど・・・


潰れてからでは遅いよねえ・・・゚。・゚ヾ(゚`ェ´゚)ノ。゚・。





15 : 49 : 46 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
寒さで鍵が凍ったとか
2019 / 02 / 08 ( Fri )
今日のこちらは、予報通りの-10℃。
そしたら、鍵が凍って、開かない家が続出したんだそうです。

どうして鍵が凍るのかと思うけど、冷え込んだんで、金属の鍵に霜がついて、それが凍ったようです。

もっと寒い地域のお宅では、鍵はどうしているのかと思うけど、風除室という玄関の外にもう一つの玄関がついているお宅が多いから大丈夫なのかもしれないし、
また、ドアでなくて、引き違い戸にしているのかもしれません。

雪国は、引き違い戸の方がいいのですが、あれだと、間口を広く取らなきゃならないから、ドアが多いのです。

こちらは、雪祭りの真っ最中だけど、これだけ寒いと行きたくないです。
毎日が、雪祭りよりも過酷だしヾ(≧▽≦)ノ゙バンバン☆

隣り町の知り合いが、用事があるから、出向いてもらえないだろうか、そっちに行くのは遠くて、だと。
こっちが出向いても、近くはならないんだけど。
とは言わずに、ハイハイ、私が出向くから、と返事をしましたが、もしかしたら、私が行ったら、距離は短くなるとか?
もう、ワケわからんわ;;


17 : 18 : 03 | 日常のよしなしごと | コメント(2) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>